自分にとって必要な誰かのために

近頃の若者たちを見てると、夢を持てずに苦しんでいる人が増えてきたように感じます。

インターネットが普及する前はもっと単純でした。

日本が貧しい時代、ほとんどの人が「健康で今よりいい生活をしたい」というひとつの目標に向かっていました。

価値観が一致し、望むことがシンプルだと、それだけにエネルギーを集中できます。

目標がはっきりしていれば、わき目もふらずに走ることができます。

しかし、今は違います。

日本は貧しさから脱して、人々の生き方は多様化し、価値観も人それぞれになりました。

社会に多様性があるのはよいですが、同時に価値観の乱立が、人々のエネルギーを拡散してしまっているのも事実です。

そしてそれこそが、私たちにストレスを与えている一因でもあるのです。

今も昔も幸せに生きたいという私たちの根源的欲求は変わっていません。

ただ、何が幸せなのか。どうそれば幸せになれるのか。あまりにもたくさんの道しるべがありすぎて、道に迷っているというのが、今の若者の現実ではないでしょうか。

たくさんの道しるべの中から一つのモノを選び出すだけでも、その労力の大きさがうかがい知れます。

この社会において夢や希望を持つことは、生きる力を持つと同時に、大きなストレスを受けることでもあるという二面性を持っているのです。

夢や希望をどのように持つのか、実はそれだけで、その後の人生が大きく変わってしまうということが、脳科学的に見ても明らかになっっているのです。

そもそも夢や希望は、脳にとっては「快」であり「報酬」です。

人間の脳は、本来「快」を求めるようにできています。

それが、その「快」すら求めなくなるということは、何かプレッシャーやブレーキがかかっているということです。

夢や希望の持ち方で人生は変わります。

今の社会から受けるストレスを解消する生活を送ることができます。

まずは夢を持たなくなった人に夢を持ってもらいたいと思います。

あなたにとっての報酬とは何でしょうか?

頑張ってでも手に入れたいもの、もしくは、そのためなら頑張れるというもの。

今、多くの方が頑張れなくなっているのは、最も分かりやすい報酬がお金になってしまっているからだと思います。

仕事をするのはお金のため。

働くということはお金を稼ぐということ。

そう考えてしまうと、職業は稼ぐということさえできれば何でもいい、ということになってしまいます。

巷にはたくさんの情報が溢れています。

一体どの情報を信じていいのか、
とても迷うと思います。

私が情報を選ぶときの目安は、
情報を発信している人の人柄や実績です。

ひとりご紹介したい人がいます。

宮崎と東京でデュアルライフをしながら、
自由にビジネスをしている関達也さんです。

関さんは、資金や人脈などがないところから
たったひとりでインターネットを使って
宮崎で億以上を稼いだ経験がある方です。

起業24年の中でドン底を経験されていますが、
諦めない不屈の精神を持たれています。

全国でセミナーや塾も開催されていて、
成果を上げた塾生さんもたくさんいらっしゃいます。

そんな関さんが、6期まで続けられた
「せき塾」のすべてのノウハウを一挙公開されました。

お金を稼ぎ人生を変える方法

私も購入して拝見したところ、
さすが『年収1000万円ひとりビジネスの教科書』だけに
ひとりで稼ぐビジネスの解説やノウハウ満載でした。

個人で稼ぐ複数のビジネスを、
これほどまでに丁寧に教えている方を私は知りません。

ゼロから始めて成功する方法を、
とてもわかりやすく教えてもらえます。

また、何より24年ビジネスを続けられているだけあり
成功マインドの話がとてもためになりました。

継続されている関さんの話は、

やはり相当な説得力がありますね。

現在の関さんは、まだまだ世の中のために
新しい個の働き方を探求しチャレンジをされています。

そんな関さんの「せき塾」にご興味があればぜひご確認ください。

あなたな何のためにお金を稼ぐのかを知る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする